Import / Export guide for beginners輸出・輸入取引の流れや方法 / ビギナーズガイド

Import step by stepA:輸入の流れ

  1. 販売地域の市場調査及びターゲットとなる商品を選定する
  2. 自国で(輸入販売する国)輸入禁制品ではないか、含まれていないかを調べ、輸入が可能な場合輸入に必要な書類の情報を調べる
  3. 輸入したい商品を販売しているメーカーやディストリビューターを調べ、取引交渉する。
  4. 価格、支払い条件、取引条件の打ち合わせ
  5. 商品の見積もりと、必要に応じて商品サンプルの手配依頼
  6. 売買契約書の締結
  7. フォワーダー(貨物運送会社)や乙仲の選定し、輸送日程の確認及び調整
  8. 商品の発注
  9. コンテナへのバンニング、輸出通関、船積み、出港
  10. 自国へ貨物が到着後、輸入通関及び必要に応じて食品分析や検査の実施
  11. 輸入許可が下りた後、自社倉庫への配送
  12. 必要に応じて販売国の言語でのラベル貼付(国によって輸入通関時にラベルが必要な場合があるので、事前に必ず輸入者が調べる事)
  13. 販売

Export guide for beginnersB:輸出の流れ

  1. 輸入者からの取引依頼を受け、自社カタログや取り扱い商品を連絡する。
  2. 価格、支払い条件、取引条件の打ち合わせ
  3. 見積もりの提出、必要に応じてサンプルの対応
  4. 売買契約書の締結
  5. 輸入者から要求に応じてフォワーダーの紹介
  6. フォワーダー確定後、輸送日程の確認及び調整
  7. 商品の受注
  8. バイヤーとの条件交渉に応じて、また必要に応じて商品への現地語でのラベル貼付
  9. 契約条件に応じて通関書類やその他書類の用意
  10. 出荷

Incoterms貿易取引の条件について(インコタームズ)

インコタームズとは国際商工会議所(International Chamber of Commerce (ICC))が策定した貿易条件の定義の事です。
運賃や保険料をセーラーとバイヤーどちらが負担するのか、事故や紛失、破損等のリスクはどちらが負うのか、その合意の内容が国によって解釈に不一致があると貿易取引が円滑に行われない為、国際的に統一させようと定義を取り決めたものをインコタームズといいます。
強制力はないため、契約書等に「本契約で使用されている貿易条件はインコタームズ2010によって解釈する」というような約款を入れる事が一般的です。
一般的によく使用されるインコタームズ2010の取引方法や条件は以下の通りとなります。
下記にて取引条件の一覧を羅列致しますが、一般的にはEXW, FOB, CIFの3つの条件がよく用いられます。

コスト負担

Incoterm 2010 1.貨物の梱包 2.輸出税関への申告 3.輸出港までの運搬 4.輸出港でのトラック荷下 5.コンテナ及び船への輸出港での積込 6.海上・航空運賃 7.保険 8.輸入港での荷下 9.輸入通関 12.輸入関税 10.輸入港でのトラック積込 11.受取先への配送
EXW 売主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主
FCA 売主 売主 売主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主
FAS 売主 売主 売主 売主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主
FOB 売主 売主 売主 売主 売主 買主 買主 買主 買主 買主 買主 買主
CPT 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主 買主・売主 買主 買主 買主・売主 売主
CFR 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主 買主・売主 買主 買主 買主 買主
CIF 売主 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主・売主 買主 買主 買主 買主
CIP 売主 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主・売主 買主 買主 買主・売主 売主
DAT 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主・売主 売主 買主 買主 買主 買主
DAP 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主・売主 売主 買主 買主 売主 売主
DDP 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主・売主 売主 売主 売主 売主 売主

海上輸送時のリスク責任

Incoterm 2010 売主の倉庫 輸出港までの輸送 輸出港内 輸送時 輸入港内 買主の倉庫
FOB 売主 売主 売主 売主 買主 買主
FAS 売主 売主 売主 買主 買主 買主
CFR 売主 売主 売主 売主 買主 買主
CIF 売主 売主 売主 売主 買主 買主

あらゆる輸送時のリスク責任

Incoterm 2010 売主の倉庫 輸出港、空港までの輸送 輸出港、空港 輸送時 輸入港、空港 買主指定場所 買主の倉庫
EXW 売主 買主 買主 買主 買主 買主 買主
FCA 売主 売主 買主 買主 買主 買主 買主
CPT 売主 売主 買主 買主 買主 買主 買主
CIP 売主 売主 保険 保険 保険 保険 買主
DAT 売主 売主 売主 売主 売主 買主 買主
DAP 売主 売主 売主 売主 売主 売主 買主
DDP 売主 売主 売主 売主 売主 売主 売主

あらゆる輸送形態に適応可能な取引条件

EXW(Ex Works)

出荷工場渡しの条件。売主は売主の敷地内(工場等)で買主に商品を引き渡し、それ以降の運賃や保険料、リスクの一切を買主が負担する。

FCA(Free Carrier)

運送人(フォワーダー)に引き渡すまでの条件。売主は指定された場所(積み地の港やコンテナヤード等)で商品を運送人に渡すまでの一切の費用とリスクを負担する。それ以降の運賃、保険料、リスクは買主が負担する。

CPT(Carriage Paid To)

FCAの条件にさらに輸送費込みの条件。売主は指定された場所で商品を運送人に引き渡すまでのリスクを負担し、さらに海上運賃も売主が負担する。CPT条件の場合保険はどちらが付保するのか決まっていないが、通常はリスクを負担する買主が付保する。

CIP(Carriage and Insurance Paid to)

CPT条件にさらに海上輸送時のリスクも売主が負担する。よって、保険料も売主負担となる。荷揚げ地からのコストとリスクは買主が負担する。

DAT(Delivered At Terminal)

ターミナル持ち込み渡しの条件。指定された目的地(ターミナル)までのコストとリスクは売主が負担するが、当該仕向け地での輸入通関手続き及び関税は買主が負担する。売主はターミナルで荷降ろしして貨物を買主に引き渡す。

DAP(Delivered At Place)

仕向地持ち込み渡し。DATとほぼ同様だが、引き渡しはターミナル以外の任意の場所における車上、船上であり、荷降ろしは買主が行う。

DDP(Delivered Duty Paid)

仕向地持ち込み渡し。輸入関税を含めた全てのコストとリスクを売主が負担する。

海上輸送の為の取引条件

FAS(Free Alongside Ship)

船側渡し条件。売主は積み地の港に荷物を着けるまでの費用を負担し、それ以降(船への積み込みやコンテナへのバンニング費用)は買主が負担する。

FOB(Free on Board)

FASの条件にさらにコンテナへのバンニング等、本船に荷物を積み込むまでのリスクと費用を負担する。それ以降の費用及びリスクは買主が負担する。

CFR(Cost and Freight)

FOBの条件にさらに海上運賃の費用も売主が負担する。ただし海上輸送時の保険料は買主が負担する。以前はC&Fと呼ばれており、現在でもC&Fと呼ばれる事がある。

CIF(Cost, Insurance & Freight)

CFRの条件にさらに海上輸送時の保険料も負担する。それ以降のリスクは買主が負担する。

Payment options in international trade支払い方法・条件

T/T Remittance (Telegraphic Transfer Remittanceの略)

電信送金の略称です。銀行口座への送金方法を指します。

T/T Remittance (Telegraphic Transfer Remittance)

1)100% Advance payment by T/T
「銀行口座への電信送金による100%前払い」のことです。売り手にリスクがない、買い手側にリスクが高い条件です。
2)T/T at sight
「一覧後の電信送金」という支払い条件です。買い手は船積み書類(インボイスやパッキングリス、B/L等)を受領後直ちに売り手に銀行口座への電信送金で送金するという条件です。

L/C (Letter of Credit)

取引金額が高額になる際によく用いられる方法で、信用状決済、国際的な手形のようなものです。企業が取引している銀行間が取引を保障してくれる、というのがL/Cです。
もし、商品を出荷後に売り先が倒産してしまった場合でも、L/Cであれば記載されている内容どおりに契約を履行していれば銀行が代金を支払ってくれます。

また買主側も商品が届かない等の保障を銀行が行ってくれるので安心です。
貿易取引では取引相手が海外にいるため、買い手からすれば注文した商品が間違いなく届くのか、売り手にとっては輸出した商品の代金を支払ってもらえるのか不安がありますが、L/C取引であれば銀行が取引を保障してくれるため安心です。

L/C at sight (Letter of Credit)

支払い方法は上記記載のLetter of Creditで「一覧後の信用状決済」という支払い条件になります。
売り手は船積みと同時に代金を回収できるうえ、買い手は輸入代金を前払いする必要がなくなります。

D/P (Documents against Payments)

日本語では手形支払書類渡しという意味で、D/P at sightで「一覧後の手形支払書類渡し」という支払条件になります。
言葉は難しいですが、取引の流れとしましては、売り手は船積み書類一式を自身の銀行を通じて買い手の取引銀行に送ります。買い手は書類を受け取ったら銀行に代金を支払い、代金と引き換えに書類を入手し、貨物を受け取る、という流れになります。
銀行による保障がないため、L/Cに比べてリスクを伴います。

Document Template Downloads各種書類テンプレートダウンロードリンク

Trading Dictionary貿易用語

THC(Terminal Handling Charge)

コンテナをコンテナヤードの所定の位置まで運ぶために発生した費用

Exporter/Seller

商品を販売し、輸出する者の事

Importer/Buyer

商品を購入し、輸入する者の事

Freight forwarder

国際貨物取扱業者の事。通関手配や輸送の手配等、一貫して行う業者。

P/L Packing list

梱包明細書のようなもので、箱数は何箱なのか、それぞれの箱にどのような物が何個入っており、重量やサイズはいくつかのかを明記しておく書類です。
輸出通関時に必ず必要な書類です。輸入者と輸出者で輸出する商品数に相違がないかを再確認するためにも重要な書類です。

C/I Commercial Invoice

パッキングリスト同様、輸出通関時に必ず必要な書類です。
貨物の明細(品名、数量、価格、契約条件)等を記載します。

B/L Bill of Lading

船荷証券の事。船会社が貨物を受け取った事と、指定の目的地までの運送及び荷揚げ港で貨物受取人に貨物を引き渡す事を約した有価証券の事。
荷受人はこのB/Lを持って始めて荷物の受取が可能となります。

SWB Sea Waybill

B/Lと似ていますが、SWBにはConsignee(荷受人)の名前を明記しますので、荷物受取の際荷受人である事を呈示し貨物を引き取る事が可能となります。
SWBは原本を輸入者に送る必要はなく、メールやFAXでの送付でいいため、手間や時間が短縮されます。
が、有価証券としての機能がないため、L/C取引で使用される事はほとんどありません。

AWB Air Waybill

SWBが海上貨物の運送上に対し、AWBは航空貨物の運送状となります。